投資情報収集術-Googleアラートを活用した保有株の適時開示を手に入れる方法-

  • 2021年1月28日
  • 2021年1月28日
  • 投資
  • 47view

どうも、さつきです。

中長期投資をしていると“保有している銘柄が適時開示を出してる……”なんてことが良くあります。

もちろん、毎日チェックできれば良いのですが、手間がかかるため、後回しになって忘れてしまいます。

しかし、適時開示が出たらメール通知されるシステムを作っておけば忘れることがなくなります。
この記事ではGoogleアラートを活用して保有株が情報を発信したら、それをメールで知らせるシステムを紹介したいと思います。

 

Googleアラートとは

GoogleアラートはGoogleが提供しているサービスの1つで、キーワードを登録すると、ウェブやニュースの更新に関して電子メールやフィード (RSS) で通知するものです。

例えば、保有株の社名を登録した場合、その情報を検出して自動でメールが届きます。

 

Googleアラートの設定

ますはGoogleアラートのページにアクセスします。
Googleアラート:https://www.google.co.jp/alerts

 

キーワードを作成する

通知したい保有株を設定します。
今回は例として日本電産にしてみます。

すると、アラート作成ボタンとプレビューが表示されます。
日本電産関連のニュースが大量に出てきます。

日本電産に関する様々な情報が欲しい場合はこれでアラートを作成します。

しかし、決算短信など、特定の情報に絞りたい場合があります。
この場合は、複数のキーワードをスペースで区切ることでand検索が可能です。

 

アラートを作成する

キーワードが決まったらアラートを作成します。
作成の方法は簡単。アラートを作成ボタンをクリックするだけです。

オプションを設定すれば通知の頻度を変更することができるため、1日1回や、週に1回などにすることが可能です。

 

通知メール

通知は画像の様に来ます。
保有株以外にも決算や投資といったキーワードでもアラートの作成が可能なので、気になるものを登録してみてください。

それでは

最新情報をチェックしよう!