日経平均株価のCSVデータをscilabでグラフ化する方法

  • 2019年11月4日
  • 2019年11月4日
  • 投資
  • 140view

前回のブログで日経平均株価のcsvデータをダウンロードする方法を紹介しました。
そして今回はダウンロードした日経平均株価のデータをscilabでグラフ化する方法を紹介していきたいと思います。

「いきなりグラフ化!?」と思うかもしれませんが、やることは簡単なので、まずは試してみて下さい。

まずは下準備です。
Cドライブの直下にフォルダscilab_dataを作成してください。
“C:\scilab_data”

フォルダが出来たら“日経平均株価のCSVデータを簡単にダウンロードする方法”を参考にデータをダウンロードして保存して下さい。

 

次にscilabを起動します。

開いたら、右上のアプリケーション-SicNotesを選択します。

SciNotesのウィンドウが開くので、下記のソースコードをコピペしてください。

張り付けられたら、保存して実行(▷)を選択します。
名前を付けて保存する項目が出るので“nikkei.sce”と入力して保存します。(半角英数であれば何でもOK)

一度、元の画面に戻るので、もう一度保存して実行(▷)を選択します。
下の様なグラフが出れば成功です。

という訳で、日経平均株価のデータをグラフ化してみたわけですがいかがだったでしょうか。
ソースコートの意味が分からない。どうしてこれでグラフになるの?と思うかと思います。

意味を知る事は大事ですが、プログラムを学ぶということは、“とりあえず動かしてみる”ということが第一歩になります。

プログラムの詳細は今後の課題ということで、まずはグラフ化をしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!