2020年の投資成績

  • 2021年1月1日
  • 2021年1月1日
  • その他
  • 10view

どうも。さつきです。

2020年の収支をまとめたので、今年の投資成績を振り返って行きたいと思います。

2020年の株式損益

2020年の損益は以下の通りです。
収益率100%を達成し、投資を始めて以来、最大の収益を達成しました。
※含み益を含む

 

収益上位10銘柄

収益の50%以上をサーバーワークスとNF原油先物が占める結果となりました。

サーバーワークスは昨年末に企業分析を行い、最も期待できると考えた銘柄でした。
NISA枠を利用しており、非課税の効果を最大限に受けルことができました。

 

収益下位10銘柄

損失の大部分は日本通信とNF日経225でした。

日本通信は以前から事業と財務状態が非常に厳しく、5期連続で赤字が続いています。
コロナショックの影響で夏頃には倒産すると考え空売りしていましたが、予想に反して株価が上がり、損失となりました。

NF日経225はコロナショックで先行き不明なタイミングでリスクヘッジのためにロングショートポジションを取っていたため、4月から6月の反動で株価が戻った時に損失となりました。

 

 

まとめ

予想の結果が損益に直結する一年になりました。

本年も引き続いて小型株を中心に分析と予想をして売買して行きたいと思います。

具体的な銘柄については別記事で紹介します。

それでは

最新情報をチェックしよう!