自分の特徴を理解して、強みを生かすための遺伝子検査のすすめ

  • 2019年9月8日
  • 2019年9月8日
  • 雑記
  • 17view

自分の遺伝子を理解することで人生を豊かにする方法を紹介します。

想像してみてください。
学校で同じ授業を受けているのに勉強が凄く出来る人
運動センスの塊で、なんでも器用にこなす人
入社年数は同じなのに、誰よりも高い成果を出す人

そんな人を一度は見たことがあると思います。
「自分もあんな風に出来たらな~」と思っても、なかなか同じようには出来ません。

天は人の上に人を作らずという言葉がありますが、実際はどうなのでしょう。
生まれつきの能力に違いはあるのでしょうか。

個人の能力は遺伝子に左右される

実は、遺伝子によって能力は、ある程度決まっているんです。
一説には個人の能力は30~60%。身長や体重に関しては約90%が遺伝子で決まるとされています。
その中には性格に大きく影響を与える遺伝子も含まれていています。

これはつまり、個人の能力の大半は遺伝子で決まっているということです。

残酷ですよね。
生まれつきの遺伝子次第で、能力が決まってしまっているのですから。

アニメや漫画では努力の天才が生まれつき天才を超えることが多くありますが、現実はそんなことあり得ない。
結局、遺伝子が優れていなければ何をやってもダメなのでしょうか。
答えはNoです。

遺伝子の特徴には、メリットとデメリットが存在します。これを理解して活用すれば、結果は大きく変わっていきます。

どうやって、自分の遺伝子を知るの?

そこで大事になってくるのが、どうやって遺伝子を知るかです。
病院に行って精密検査を受けないと分からないと思います。

でも、そうではありません。方法は簡単。
自己分析遺伝子検査キット<GeneLife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)”を購入して、画像の検査キットに唾液を送るだけ。
採血などの痛い思いをしないで遺伝子が分かります。

遺伝子の特徴を知れば適正が分かる

遺伝子によって能力の大半が決まります。残酷ですが、これが現実です。「努力をすれば変わることが出来る」と言う人もいますが、遺伝子に合わないことを強引にやれば無理をするばかりで優れた結果は残せません。

しかし、これを言い換えれば、遺伝子の適正があることは無理なく優れた結果を残すことが可能ということです。

という訳で“さつき”の遺伝子検査をやってみました。
結果については次の記事で紹介していきたいと思います。

参考として“自己分析遺伝子検査キット<GeneLife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)”を出しておきますので、興味のある方はやってみて下さい。
それでは。

参考
自己分析遺伝子検査キット<GeneLife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)

最新情報をチェックしよう!