【書籍紹介】ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

  • 2017年9月16日
  • 2018年4月14日
  • 書籍
  • 4view

投資の世界には伝説の投資家と呼ばれる世界的な有名人がいます。
その人の名をウォーレン・バフェットといいます。

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務めており、2017年の世界長者番付では第2位でもあるウォーレン・バフェットの名語録は、投資について考える上で大変参考になる内容です。

これから投資を始める人だけでなく、投資をしている人にも是非読んでもらいたい一冊です。

投資の銘柄選び

投資の銘柄を選ぶとき、何を見て決めていますか。

チャートですか。それとも経営状況でしょうか。

ウォーレン・バフェットは違います。事業を見て決めているのです。

ウォーレン・バフェットは保有した株を長期間保有して、会社の成長によって得た利益を受け取ります。このとめ、業績が悪くなったことを理由に手放すことはありません。

最近流行りの短期で売り買いを繰り替える投機とは一線を画しているのです。

勝負のコツ

一般的に、損失を恐れて株式市場が停滞しているときは、投資を控えます。

しかし、ウォーレン・バフェットは違います。
周りが怖がっているときに貪欲にいくのです。

銘柄を選ぶとき、この銘柄がオススメされていたから……といって買っている人はいませんか?

投資は自分で判断することが重要です。

これは、周囲の恐れも同様です。

損失を恐れ、市場が停滞していたとしても、自分の判断で買うのです。
確固たる自分の理由を持ち、周囲の声や株価に惑わされないことが勝負のコツなのです。

正しいマネー感覚

使う金は出る金よりも少なくする。

これは基本ですよね。収入よりも支出が多ければ破産してしまいます。

ウォーレン・バフェットもこれと同じことを述べています。

世界長者番付に名を連ねていても、その生活は質素です。

多くのお金を持つ彼であれば、贅沢な食事をしてもおかしくはありません。しかし、その食事はハム・サンドイッチとコカコーラという非常に質素なものです。

お金を消費することではなく、お金を稼ぐことに関心を持つ。

正しいかどうかは、それぞれの判断で変わると思いますが、この考えるが巨万の富を築いているのです。

おわりに

ここまでに述べた内容は、本書の内容の一部です。

ウォーレン・バフェットの考えは、投資の基本を知る上で非常に有効です。

投資の本の多くは、短期から数ヶ月で取引する投機的な内容です。しかし、長期的なスタンスを取り、企業の成長によって利益を得ることは、投資はの基本的な考え方です。

投資の基本を知るためにも、是非読んで見てください。

最新情報をチェックしよう!